メラニンの仕組みについて知っておく

美肌、美白を目指す人にとって、メラニンは厄介なものだと思っている人もいるでしょう。なぜメラニンが出来るのか、その仕組みについて説明したいと思います。

メラニンの仕組み

まずメラニンは肌に紫外線が当たる事で、肌の表皮にあるメラノサイトと呼ばれるところでメラニン色素が作られます。

メラニン色素が作られる事で紫外線に当たると日焼けして肌が黒くなってしまうのです。

ただし、だったらメラニン色素なんていらないと思うかもしれませんが、体内でメラニン色素が作られなければ大変な事になってしまいます。

肌に紫外線があたり、もしメラニン色素がなかったらどうなるのかというと皮膚がんになったり、ヤケド状態になり水ぶくれが出来てしまいます。

かなり悲惨な状態です。肌はメラニン色素によって紫外線から守られていると言えるのです。

シミやソバカスの原因は

ではなぜ日焼けするとシミやソバカスが出来てしまうのでしょうか?

これは紫外線で黒くなった皮膚が、細胞が入れ替わる際に失敗し、メラニン色素を定着させてしまうからです。

失敗なんてしないでよ・・・・と思いますが、こればかりは自分ではコントロールする事は出来ません。

ではシミやソバカスを作らないためにはどうしたらいいのか?というとメラニンの仕組みをしれば分かると思います。

つまりメラニン色素が作られないように、肌に紫外線を当てなければいいのです。

紫外線対策をちゃんとしてと言われるのはこのためです。

そして紫外線とは夏場の日差しの強い太陽の下でしか発生しないわけではありません。

冬場でも曇りの日でも紫外線は発生しているので、常に紫外線対策を怠るなという事です。

お肌を守る大切な役割のメラニン色素

メラニン色素は肌にダメージを与えているだけではありません。

実はメラニン色素こそが紫外線から肌を守ってくれているのです。

確かに紫外線に当たると肌は黒くなり、シミやソバカスの原因になるのは事実です。

ですが、もしメラニン色素がない状態で紫外線に当たると、肌は皮膚癌やヤケドして水ぶくれ状態になってしまうでしょう。

そのため体内に絶対に必要な存在で、シミやソバカスは副作用のようなものと考えるといいでしょう。

四六時中肌対策を考えておく

もちろん、だからといって黒い肌やシミ、ソバカスを歓迎するわけではありません。

美白を目指してUVケアをする事は必要です。

ビタミンCを摂取して、美白効果があるスキンケアを使用していきましょう。

夏場はUVケアをばっちりしているという人でも秋になれば、しなくても大丈夫だと思われがちです。

しかしながら紫外線は一年中存在しています。

秋でも冬でも紫外線を浴びれば肌にはダメージが加わっています。

一年を通してUVケアをするように心がけていきましょう。